災害発生時にも対応できる体制

私たちには災害発生時の事業継続に活かす経験とノウハウがあります

災害対応の事例 ①

2019年9月9日 台風15号が千葉市に上陸

  • 9日5時

    台風15号が千葉市に上陸

    中心気圧960hpa、最大風速35.9mを記録する『強い』勢力で上陸しました。

  • 台風の影響により、停電が発生

    強風による電柱の倒壊や架線へのダメージの影響で、千葉県全域で停電が発生し約64万件が被害を受けました。

  • 業務委託先の被害状況

  • 翌10日9時

    停電に伴う、通信障害の発生

    台風15号の影響により、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクで通信障害が発生しました。停電の長期化による非常用電源の枯渇との事で、復旧に時間が掛かるとの情報が入りました。

  • 危機管理マニュアルに基づいた対策本部機能

    人命保護を第一に、社会インフラとしての物流、お客様の業務を滞らせない物流を実現するべく、危機管理マニュアルに基づき機能復旧に全力を投じました。

    危機管理マニュアル
    ・独自のネットワークを駆使した、早く正確な情報の収集。
    ・その情報を基にした、優先順位が明確な対応手順。
    ・人命の保護と機能復旧を最優先とした独自のマニュアル。

  • 10日21時

    通信障害の復旧

  • システムの保全と復旧

    ホストコンピューターには十分なBCP対策を講じており、通信インフラの復旧を待ってシステム全般が機能する独自の対策を講じております。

    ホストコンピュータのBCP 対策

  • 11日9時

    業務委託先、物流現場の復旧

    危機管理マニュアルに基づいた準備体制を取っていた為、通信の復旧と同時にいち早く出荷体制を整える事ができました。当日より、通常通りの出荷作業、及び納品を実施する事ができ、お客様への影響を最小限で抑える事が出来ました。

  • NEXT STEP

    ・通信インフラトラブル対応策の構築。
    ・極地的な災害発生時に、他の拠点への作業振分け体制の構築。